授業・校舎風景

研究所案内

理事長挨拶

千駄ヶ谷日本語教育研究所は、

  1. すべての国の人々が、わかりやすい日本語を使って日本語を効率よく楽しく学ぶための出会いの場を提供する。
  2. 多様化する国際社会の中にあって、相互理解のための有能な才能の育成をはかる。
  3. 日本語教育を通して、国際交流をはかり、国際親善の一翼を担う。

を教育理念として設立され、世界各国の多くの人々が巣立っていきました。

言葉は、手段であると共に、その国の文化や社会、人々の思考方法などを表しており、異文化理解に重要な役割を果たします。 したがって、その修得を容易にするということは国際理解に重要なことだと思います。 そのため、千駄ヶ谷日本語教育研究所は日本語を母国語としない人達に、すなわち外国語である日本語を、どのようにしたらわかりやすく、効果的にマスターすることができるかを研究し、開発し、実践してきました。日本語を教えるということが、真の国際交流に役立つと信じるからです。

千駄ヶ谷日本語教育研究所の教職員一同、クラスのパートナーとしてみなさんと楽しい授業を作っていきたいと 願っております。

千駄ヶ谷日本語教育研究所
理事長 吉岡 正毅

沿革

1975 - 1984

1975 東京都渋谷区千駄ヶ谷にて設立。
1976 日本語学習テキスト『わかる日本語1・2・3』を刊行。
日本語教師養成講座開設。
1977 ジャパン・タイムズに「日本で最も良い日本語学校」と紹介される。
日本語学習テキスト『わかる日本語4・5』を刊行。
1978 第1回公開講座「みんなの日本語」開催。
1979 国連難民高等弁務官事務所より、ベトナム難民に対する日本語教育を受託。

1985 - 1994

1986 千駄ヶ谷から東京都新宿区高田馬場へ校舎移転。
1990 国際機関日本アセアンセンターより、アセアン6か国での観光産業従事者に対する「観光日本語訓練」を受託。
日本国際協力機構「JAIDO」との連携・協力により、バンガロール(インド)において、コンピューター・ソフトウェア・エンジニアに対する日本語教育を開始。
1991 中日友好病院(北京)にて、中国人看護士に対する日本語教育を開始。
国際教育交換協議会(C・I・E・E)より、全米25大学の学生に対する日本語教育を受託。
1992 ベトナム教育訓練省の依頼により、ハノイに日本語センターを設立し、ベトナム人に対する日本語教育および教材開発を実施。
東京都板橋区国際交流協会より、ボランティア日本語教師育成を受託。

1995 - 2004

1995 野村ハイフォン日本語学校(ベトナム)において、日本語教育を開始。
オーストラリア・クイーンズランド州教育省より、現地日本語教師の教育を受託。
東京都台東区役所より、ボランティア日本語教師育成を受託。
1996 埼玉県久喜市国際交流協会より、ボランティア日本語教師育成を受託。
1997 東京都新宿区中落合に千駄ヶ谷日本語教育研究所西校を設置。
1999 日本語学習テキスト『コミュニケーション日本語1・2・3』刊行。
日本語学習教材『SJI日本語ドリルブック1・2・3』『SJI日本語漢字練習帳1・2・3』および別冊英文解説書を刊行。
日本語教師養成講座理論テキスト『日本語教育講座1~5』、同実習テキスト『実技教本』を刊行。
2000 オーストラリアにゴールドコースト校(SJI International College Gold Coast)を設置。海外派遣プログラムを開始。
東京都新宿区高田馬場にセンター校を設置。
2001 創立25周年記念事業「日本フィルハーモニー交響楽団第118回サンデーコンサート」協賛。
日本語教師養成講座理論問題集『基礎問題集』を刊行。
2002 東京都豊島区高田に学校法人吉岡教育学園千駄ヶ谷日本語学校を設置。
日本語学習テキスト『コミュニケーション日本語1・2・3』を刊行。
日本語学習副教材『コミュニケーション日本語ワークブック1・2・3』『コミュニケーション日本語漢字練習帳1・2・3』を刊行。
吉岡理事長が中国・東北師範大学(長春)客員教授に就任。
2003 日本語学習副教材「コミュニケーション日本語CD-ROM 1・2・3」作製。
2004 ソウルに千駄ヶ谷日本語学校同窓会事務所を設置。

2005 -

2005 神奈川県横浜市に横浜校を設置。
2006 中国にて『コミュニケーション日本語』の中国語版『新概念交際日本語』『新概念交際日本語応用分冊』(東北師範大学出版社)が刊行され、全国発売。
千駄ヶ谷日本語学校が文部科学省の準備教育課程の教育機関として認定される。
千駄ヶ谷日本語学校大連事務所を設置。
群馬県前橋市に前橋校を設置。
2007 東京都豊島区駒込に学校法人吉岡教育学園豊島日本語学院を設置。
文化庁より「生活者としての外国人」のための日本語教育事業を受託。『対話を中心とした交流活動のカリキュラム』作成。
横浜市鶴見区より日本語ボランティアの育成を受託。 日本語学習テキスト『中上級ビジネス日本語(IT編)』を刊行。
吉岡理事長が中国・大連交通大学客員教授に就任。
2008 中国にて『標準商務基礎日語第1冊』、『標準商務基礎日語第2冊』『標準商務日語IT篇』『標準商務日語考試題集』刊行。
2009 韓国にて『中上級ビジネス日本語(IT編)』刊行。
2007~2009文化庁委嘱・委託事業「日本語ボランティア育成関連事業」育成講座実施
2010 新宿区下落合に千駄ヶ谷日本語学校、豊島日本語学院を統合・移転。
〒161-0033 東京都新宿区下落合1-1-6、 TEL:03-5337-7001、 FAX:03-5332-6696