トップページ > コラム・ミニ知識 > 日本語教師こぼれ話 > 2019年

 

日本語教師こぼれ話 2019年

若さってすばらしい

ベトナム、タイ、フィリピンの学生がいるクラスでのこと。その日の授業は「腕、ひじ、背中」などの体の部位と、「曲げる、伸ばす、まわす」などの動作表現でした。イラストを見せながらことばの導入や確認をしていきました。学生たちは自分の体の一部なのに、日本語で何というか知らなかった!と気がつき、一生懸命メモをとりながら覚えようとしていました。

そんな学生たちにさらに楽しく覚えてもらうため、応用練習として、歌の振り付けに挑戦してもらうことに。選んだ歌は「世界に一つだけの花」。休み時間に日本の歌を口ずさむこともある彼らでしたが、その歌を知っている人はいませんでした。

まずは日本人が歌っている映像を見せ、曲の雰囲気を知ってもらい、次に歌詞を確認。比較的易しい日本語で書かれた歌詞は、学生たちにも理解しやすいようでした。次に、その日の学習内容である体の部位や動作表現を使って、「指で1を作って、手を前に伸ばす」「胸の前で手を握る」など、振り付けをしてみました。2回ほど全体で練習をしてからいざ本番、映像に合わせて動いてみました。すると驚いたことに、練習した振り付けだけではなく、なんと歌までもメロディに合わせて大きな声で歌っているのです。日本語の歌と振り付けに挑戦してくれたことも嬉しかったのですが、学生たちのそれらを覚えるはやさに、若さのすばらしさとそれが世界共通であることをひしひしと感じたのでした。(川畑)

「遠足で見つける日本」

先日、遠足で鎌倉へ行ってきました。今回のルートは鎌倉大仏、長谷寺、明月院、湯呑みの絵付け体験をするという初めて実施したコースだったので、「若い学生達は鎌倉の町を見て、何をどう感じるだろうか」と行く前は心配でした。

当日、学生たちは初めて見る大仏に、「おお!」と驚き、楽しそうに写真を撮っていました。大仏の胎内に入り、「これはいつ作られたんですか?」と質問をしてくる学生もいました。 行く先々の自然も気に入ったようで、散歩をしたり、座って建物を眺めたり、動画を撮ったりして、思い思いの時間を過ごしていました。

そして、特に印象に残ったのは、ある駅でのことです。電車を降り、改札へ向かった学生達が「先生、どうやって出るんですか?」とざわついていました。その駅は駅員がおらず、切符を箱に入れて出るようになっていました。「何これ!」「なんで!」「初めて!」という学生の反応がとても新鮮でした。日本人である私にとっても珍しいことでしたが、学生達にとっては大きな衝撃だったようです。さらに、後日書いた感想文には、お参りの前に手を洗って清めるという習慣を初めて知った、などが書いてあり、新しい発見が多い遠足となったようです。

そして一か月後、絵付けをした湯呑みが仕上がって、皆の手元に届きました。湯呑みを見るたびに、新たな発見をした遠足を思い出すのではないでしょうか。(塩沢)

「日本語学校の教師」

千駄ヶ谷日本語学校には、男性も女性も幅広い年齢層の、様々な背景を持つ教師がいます。

大学を卒業してすぐに教師になる人もいますが、長年専業主婦をしていた人や、教育と関係がない企業で働いていた人が大勢います。

当校では、3、4名の教師で1つのクラスを教える、チームティーチングを行っていますが、教師によって学生を見るポイントが違うことがあります。

先日、「学校への手紙」という作文の授業をされた先生から「Aさん(学生)は、勉強は熱心ではないけれど、発想が面白い学生ですね。」と言われました。ほとんどの学生は、「テストを無くしてほしい」などの想像のつくものでしたが、Aさんは「もっと課外授業を増やしてほしい」、「スポーツ大会をしてほしい」と書いたそうです。

私は日本語力にばかり注意が向いてしまっていましたが、1人1人の長所に気がつけるのは、チームティーチングのおかげだと思いました。学生との出会いはもちろんですが、私にとって未知の経験をされてきた先生方との出会いもこの仕事の魅力です。(中田)

 
 

9:00〜17:30(日・祝日除く)
9:00〜17:30(土日・祝日除く)
高田馬場校 03-6265-9570 横浜校 045-317-2828 横浜校 高田馬場校

お電話でのお問い合わせ先

高田馬場校 TEL:03-6265-9570
横浜校   TEL:045-317-2828
9:00〜17:30(日・祝日除く)