トップページ > コラム・ミニ知識 > 日本語教師こぼれ話 > 2019年

 

日本語教師こぼれ話 2020年

伝えることへのチャレンジ

日本語を教える仕事に就いて、「伝える」ということの難しさを感じています。

以前、ロシア人の学生から「楽しいとうれしいと何が違う?」と質問を受けました。当然、楽しいとうれしいは日本語の母語話者なら、間違えることなく使いこなしますが、学生はそうではありません。そのような時、言葉で説明すると学習者は混乱するケースが多くあります。その言葉でしか使えない状況を設定し、例文を複数挙げてわからせる方法を取ることが多いです。例えば、「誕生日プレゼントをもらいました。うれしいです。(×楽しいです)」、「みんなでゲームをしています。楽しいです。(×うれしいです)」、それに加えて、感情にかかわる表現の場合、例文を提示すると同時に「じゃあ、○○さん、どんな気持ち?」と問いかけ、学習者にイメージさせます。学習者の「あっ」という表情を見逃さずに「そう!それが『うれしい』です。」という具合に教えています。状況を提示して、学習者の心の動きを注意深く観察しながら、腑に落ちた瞬間にその感情と言葉を結びつけるのです。その後、学習者から「彼女が出来ました。うれしいです。」「遠足は楽しいです。」という例文が出てきました。ここでひとまず導入は終わりましたが、別の機会に、その言葉が出てきたときには、その都度確認するようにしています。

こういうことが日常的にあるので、日本語教師は言葉に対する感覚を日ごろから磨いておく必要があると思っています。(齋藤 奨)

 
 

9:00〜17:30(日・祝日除く)
9:00〜17:30(土日・祝日除く)
高田馬場校 03-6265-9570 横浜校 03-6265-9553 横浜校 高田馬場校

お電話でのお問い合わせ先

高田馬場校 TEL:03-6265-9570
横浜校   TEL:03-6265-9553
9:00〜17:30(日・祝日除く)