トップページ > コラム・ミニ知識 > 日本語教師こぼれ話 > 2020年

 

日本語教師こぼれ話 2021年

オンラインとリアルの間で

オンラインでの授業がほぼ1年を通して行われ、画面を通しての授業が普通になりつつあります。そのような中で、学習者が対面のやり取りを欲しているのかなと感じることがありました。
 オンライン授業が始まる前は授業中にそれほど積極的に話すことがなかった学生がいました。オンライン授業がしばらく続き、登校授業が再開されたときのある日の授業後、その学生が帰らずに教室に残っていました。雑談をしながら「最近どう?」と話を振ると、突然「悩んでいます」と言ってきました。地方のある大学院に合格していたことはオンラインでの面談などで知っていたので、進学以外のことで悩んでいるのかと思いましたが、いろいろ聞いていくと「(関東圏の)別の大学院に進学したい」とのことでした。
私からアドバイスをし、その学生も頑張ってみますと言って帰って行きました。
 学生が帰った後、教室の片づけをしながら、オンラインでも話すことはできたのにどうして教室で彼は話をしたのだろうと思いました。オンライン上では言いにくくさせる何かがあったり、自分の決断を教師から直接後押ししてもらいたかったりしたのかもしれません。本当のことはわかりませんが、オンラインでのコミュニケーションと直接対面するときのそれとでは、私たちに何らかの違いが生じているのだろうと感じました。この2種類のコミュニケーションに早く慣れなければと思う一日でした。(阪上)

オンライン授業諸風景

「おはようございます」「授業が始まります」「出席を取ります」。パソコンのカメラに向かってあいさつをすると、画面には次々と学生の顔が現れます。しっかりカメラ目線で座っている学生、いつも左斜めの角度で映っている学生、お化粧が間に合わなかったのかマスクをしている学生、パソコンの画面を鏡代わりに髪を整えている学生、パジャマのままの学生、「先生、ちょっと待ってください」と画面がなかなかONにならない学生、学生たちの朝の様子も様々です。

授業が始まると、画面には時々いろいろなものが映ります。先日は、会話練習の際、Aさんのすぐ後ろを横切るカフェの店員。「Aさん、今、カフェにいますか?」「はい、先生」「じゃあ、小さい声で発音してくださいね」「あ、先生、大丈夫です!心配しないで」大きな声で答えてくれましたが、周囲のお客さんの迷惑になっていないか少し心配。

「じゃあ、Bさん、次を読んでください」「はい」音読を始めたBさんの声がやや緊張気味に。よく見ると画面後ろにお母さんの姿が。Bさんは一時帰国中で国の自宅から授業に参加しています。その後の授業でもたびたびお母さんの姿を拝見しましたが、次第にBさんも慣れて普段通りに勉強できるようになりました。

「Cさん、1番の答えは?」答え合わせをしていたときです。「はい、えーと1番…」Cさんの音声が途切れました。「Cさん」呼んでも答えが返ってきません。オンラインでは時々起こる現象です。突然学生の画面が動かなくなったり、音声が消えたりします。しばらくしてCさんが戻ってきました。あれ?電車の中?「Cさん、今、電車ですか」「あの、先生、新幹線です」。そうでした、受験のため京都へ向かっているのです。「先生、あと5分で着きます」。「いってらっしゃい」「がんばって」。私もクラスメートもみんなでCさんを見送ることができました。結果は、無事に合格です。 オンライン授業ならではの一風景でした。(木島)

猫に交番

語彙テストの採点をしていて、思わず手が止まりました。「ねこにこうばん」…?
慣用句「猫に小判」の読みの問いに対する学生の解答です。「猫に交番!」と想像しながら採点を続けると、隣で採点する同僚の先生の答案には「ねこにごはん(猫にご飯!)」も登場し始めました。

長音や濁点の有無は日本語学習者が発話する際にも読み書きする際にも苦労する点の一つです。学生にはテスト返却時にきちんと訂正を行いますが、採点時は教員室ではこのような解答に想像を膨らませてほほ笑む場面も多々あります。

そんな中、「いっきいっかい」…?
「一期一会」です。意味がわかっても、正しい読み方を知らなければ素敵な言葉も台無しです。

1クラス20名近くの学生の答案の採点は、時に大変な作業ですが、色々な想像が膨らむ時間でもあります。今日も赤ペンを握りながら、何と言ってテストを返そうか、どんな説明をしようか、と次の授業への構想を膨らませています。(廣比)

こんなとき、何と言いますか?

【問題】
今、友達と一緒にカフェにいます。
支払いをしようと思いましたが、財布が見当たりません。家を出たときは持っていました。
こんなとき、何と言いますか?

教室では毎日このような会話練習が行われています。
さて、学生は何と答えたでしょうか?

学生A:すみません。財布が無いので、お金を貸していただけないでしょうか。
学生B:はい、いいですよ。

文法も語彙も問題ありません。丁寧にお願いしていますよね。
学生Bも親切、丁寧に返答できています。完璧です!

ちょっと待ってください……この学生Aが自分だとしたら、本当にこんなことを言いますか?相手は友達なのに、丁寧すぎませんか?そして何よりも、財布がないのに、こんなに落ち着いて話せませんよね。学生Bも同じです。

あれ?え?財布が無い!……(バッグをごそごそ)、無い無い無い~~~!
どうしよう、どこだ?

とまあ、こんな場面が最初にありますよね。
教室で練習すると、この感情や反応がなかなか入れられません。日本語能力試験で最上級レベルのN1に合格した学生でも同じです。
そこで、このときの感覚を思い出してもらうために、一度母国語で場面や会話を想像させてみました。そして、もう一度日本語で会話に挑戦させると、少しおかしな表現はありますが、場面に合った感情たっぷりのリアルな会話ができるではありませんか。
教室だから間違えてはいけない、教科書と同じように話さなければならないという無意識の思い込みがあるのかもしれません。会話には気持ちが必要です。教室にリアルを持ち込む方法を模索中です。(渡邊)

教室の外で日本語を話そう

4月は、日本語学校も出会いの季節。新しいクラスを担当することになりました。
担当するのは、来日して日本語を学び始めて3ヶ月の学生たち。
自己紹介を兼ねて、日本語を使って何ができるようになったか尋ねました。

すると、ある学生がこんな答えを発表してくれました。
「日本のおじいさん、おばあさんと話せるようになりました。」
彼は、大学を卒業して間もない若い学生。一体、どこで出会ったんだろう?
詳しい状況を尋ねてみました。

教師「おじいさん、おばあさんとどこで話しますか。」
学生「近所の店です。」
教師「どんな話をしますか。」 学生「今日の野菜はいいですね、とか、話します。」
…ここで、私の頭に浮かんだのは、近所の八百屋で野菜を選ぶ学生とお年寄りの姿でした。
この学生は、ご近所さんと日常会話ができるようになった、と言いたかったのです!
たった3ヶ月で、既にご近所さんとコミュニケーションが取れるようになっていることがわかり、感心してしまいました。

留学生にとって、教室以外の場所で日本語を話すことは特別なことであり、貴重な実践の場となります。
私たち日本語教師は、日々教室でも様々な場面を提示して会話練習をさせていますが、学生が日本語力を伸ばす上で、実践に勝るものはありません。
このこぼれ話を読んでくださっている方、身近に日本語を勉強している外国人がいたら、是非積極的に日本語でおしゃべりしていただければと思います。(津島)

大丈夫?問題ない?

以前、中国の学生を担当していた時、答え合わせで間違えた学生に理解度を確認したり、体調を尋ねたりするときに「大丈夫?」と声をかけるのですが、その中には首を横に振りながら「大丈夫。」と答える学生がいました。どう考えても質問の「大丈夫?」に対する同意である「大丈夫。」なのに、なぜジェスチャーが否定なのか、なぜ首を横に振るのかと疑問に思っていました。

ある日、中国の学生向けのビジネス日本語の授業で、ケーススタディを取り上げていた時です。あるケースについての評価を学生に尋ねたところ、首を横に振りながら「問題ない、大丈夫、大丈夫」と答えました。授業が終わってから、その答え方がどこかで見た光景だなぁと気になっていると、あの疑問を思い出したのです。そこで、この「問題ない、大丈夫」のことを中国語が母語のスタッフにも聞いてみたところ、「問題ない」は中国語で「没问题」(メイウェンティ)と言うようで、「没」は否定の言葉で、首を横に振るのが自然なのだそうです。また「大丈夫」と言うときに、「問題ない」とセットで言うこともあるということでした。

以前、学生が首を横に振って「大丈夫」と答えたのは、心の中では「問題ない、大丈夫」と言いたかったのかもしれないなと、あの時の疑問が少し解けた気がしました。日本語学校の教室は異文化に触れられる場であることを改めて認識しました。(高田)

マイ箸はちょっと…

上級クラスで環境問題をテーマにしたスピーチの活動がありました。ある学生が割り箸の消費による環境への影響について発表をした時、スピーチを聞いた学生が私に質問を投げかけました。

「先生、どうして日本のカップ麺にはフォークがついていないんですか。」

確かに!それそれ!と同調した学生たちが途端にザワザワし始めました。
そこで、「みなさんの国ではカップ麺にフォークがついているんですか。」と尋ねると、 「中です!」「プラスチックの小さなフォークが入っています!」と声が挙がります。
つまり、カップ麺には予めフォークがついているから割り箸を使わなくていい、という話だと理解しました。
私は「そのフォークはプラスチックですよね。プラスチックのごみを増やしてしまうことが懸念されますが、その点についてはどう思いますか。」と学生達に意見を求め、クラスで議論する中で「じゃあ、みんなが”マイ箸”を持つのはどうでしょうか。割り箸も消費せず、プラスチックのごみを増やすこともありませんよね。」と提案をしてみました。

ここで私にとって予想していなかった反応が返ってきました。

「えぇ~!ないです!(笑)」「先生、それはちょっと貧乏な感じがして…。」
「マイ箸はちょっと…。」

学生の中にはマイボトルを持っている人もいるのですが、マイ箸には抵抗があるようで意外でした。話を聞いていくと、日本のようなお弁当の習慣がないことで捉え方に違いがあるのかもしれないと思いました。
日本語教師をしていると、学生の反応から文化や習慣、価値観の違いについて気づきを得ることができます。今回の授業も自分自身の価値観を振り返る貴重な時間となりました。(井田)

 
 

9:00〜17:30(日・祝日除く)
9:00〜17:30(土日・祝日除く)
高田馬場校 03-6265-9570 横浜校 03-6265-9553 横浜校 高田馬場校

お電話でのお問い合わせ先

高田馬場校 TEL:03-6265-9570
横浜校   TEL:03-6265-9553
9:00〜17:30(日・祝日除く)