トップページ > 世界とつながる千駄ヶ谷 > 異文化交流

 

異文化交流

養成講座受講生と日本語学習者との交流活動

千駄ヶ谷には、日本語クラスで日本語を学ぶ外国人学生がたくさんいます。
遠足や、実際の日本語クラスでの授業に参加する交流授業などで、彼等と交流する機会が豊富にあります。

千駄ヶ谷日本語学校「ディズニーランド」遠足

2018年12月14日(金)、千駄ヶ谷日本語学校の外国人学生約1,200名と教職員、養成講座受講生でディズニーランドへ遠足に行きました。

高田馬場校10月午前クラス 霜村忠さん

高田馬場校10月午前クラス 霜村忠さん

千駄ヶ谷日本語学校(本校)の東京ディズニーランドへの課外活動に、引率補助として同行させていただきました。私が配属されたクラスは、中国・台湾・香港・ベトナム・カタールからの学生19名の中級クラスでした。

当日は好天に恵まれましたが、風の冷たさが身に染みる日でした。ディズニーランド内では団体行動をすることになっており、学生たちが事前に話し合って決めたアトラクションを一緒に回りました。

途中、さすが中級クラスの学生だと思えた出来事がありました。レストランで注文をする列に並んでいた時に、私の前にいた学生が「先生は、何を召し上がりますか」と、私に質問したのです。私はこの言葉に、一瞬驚き、次にどう返答しようかと考えてしまいました。なぜなら、私が久しく聞くことがなかった日本語だったからです。

課外活動に参加して、日本語教師の仕事は、日本語を学ぶ学生にその場の状況にふさわしい正しい日本語を使える力をつけてあげることと、改めて感じることができました。



横浜校10月午前クラス R・Mさん

横浜校10月午前クラス R・Mさん

中級クラスの引率を担当しました。学習者も私も始めは緊張気味でしたが、お互いの出身地の料理や挨拶の話でだんだんと打ち解けることができました。単語や習った文法を駆使して、一生懸命話してくれたのが印象的です。

食事中に、キャラクターがプリントされたコップを指しながら「先生、これは日本語でなんといいますか。」と次から次へと尋ねてきて、英語をカタカナ表記した場合にどうなるか、音声学で学んだことをなんとか思い出して発音はどうなるかを教えると、嬉しそうに覚えてくれてこちらも自然と笑顔になりました。身近なところに学びのきっかけがあることを知りました。

乗り物に乗る直前に学習者が一人いないことが発覚し、担任が探し回るというハプニングがありました。その姿を見て、約20人をまとめる担任には相当な気力や体力が求められると思いました。しかし、そのようなハプニングも日本語教師と学習者の絆を強めるものになることがわかり、今後の励みになりました。普段の養成講座の授業内では学ぶことのできない非常に貴重な機会を与えて頂き、ありがとうございました。



千駄ヶ谷日本語教育研究所付属日本語学校「箱根」遠足

2018年7月20日(金)、千駄ヶ谷日本語教育研究所付属日本語学校の外国人学生約689名と教職員、養成講座受講生で箱根へ遠足に行きました。

横浜校7月全日クラス 山本 加奈さん

横浜校7月全日クラス 山本 加奈さん

7月の箱根遠足に引率補助として参加させていただきました。海外の方や留学生の方と触れ合った経験がほぼなく、少しでもそうした機会を持ちたいと思っていた私にとって大変ありがたい企画でした。

当日は初め大変緊張しましたが、クラス担任の先生が留学生のみなさんと話せるようにいろいろとサポートしてくださり、留学生のみなさんも話しかけると気さくに応じてくれて、不安が一気に和らぎました。当たり前のことかもしれませんが、探り探り話すところか ら始まってちょっとした雑談で笑いあえた時に、国や文化が違っても、同じ人間なのだと改めて気づかされました。日本語を教える立場という視点からは、「おみず」と「おひや」の違いや「られる」の使い方が難しい等、留学生のみなさんと実際に話すことで得られる情報量の多さに驚きました。

また、クラス担任の先生と行動を共にできたため、日本語教師の方が現場で実際にどのような言葉を使いどのようにふるまうのかを間近で見られたことも、大きな学びとなりました。他の先生方もみなさん気さくに話しかけてくださり、貴重なアドバイスをたくさんいただきました。

全日クラスのハードな毎日に四苦八苦していましたが、留学生のみなさんに寄り添いサポートできる日本語教師になりたいと、 決意を新たにする日となりました。遠足イベントそのものも、遊覧船に乗ったり美術館をめぐったりと、とても楽しかったです。

また機会があればぜひ参加したいと思います。

ありがとうございました。

異文化交流 バックナンバー

ページトップに戻る

 
 

9:00〜17:30(日・祝日除く)
9:00〜17:30(土日・祝日除く)
高田馬場校 03-6265-9570 横浜校 045-317-2828 横浜校 高田馬場校

お電話でのお問い合わせ先

高田馬場校 TEL:03-6265-9570
横浜校   TEL:045-317-2828
9:00〜17:30(日・祝日除く)